てづくり料理はやっぱり美味しい!

(こうや5歳10ヵ月、ゆうり3歳3ヵ月)

2011/11/8(火)
きょうはゆうりの「わくわく創造アトリエ」の日です。
活動内容は大好きな料理、テーマは「どら焼き」づくりです。まず、粉をこねるところからはじまります。粉に砂糖や水飴などの材料を入れて軽く混ぜたら、ハンドミキサーでしっかり混ぜ合わせます。おっかなびっくり、でもやってみたい!という表情で挑戦します。

私自身、今までどら焼きを食べたことは何度もありますが、つくったことはありません。つくってみようと思ったことすらありませんでした。シンプルな素材がさまざまな工程を経て完成する様子を側で見ながら、私もワクワクしていました。
はさむ餡ができあがり、大きなフライパンで生地を焼くと、ゆうりの顔より大きなどらやきの皮が出来ました。お友達の皮と2枚合わせて1つの巨大どら焼きが完成です。お友達と顔を見合わせてにっこり!半分に切って分けあってから、みんなで一緒にいただきました。

2011/11/12(土)
こうやが<ケルンモザイク>でパターン遊びをはじめました。<パターンボード>に長方形のモザイクをはめていきます。青色を表にし、橙色は裏にかえして白木面をいかした模様をつくりました。完成作品を私に見せると、今度はもう一枚パターンボードを持ってきて、今できたばかりの作品に重ねます。「見ててね~」と言うと、作品をひっくり返し、上に乗っているパターンボードを外しました。すると青色は白木にかわり、逆に白木は橙色に変わります。笑顔で自慢げに見せてくれました。こうすればこうなるはず、と予測を立てて、その変化を見せてくれたのです。予測通りになったことに、とても満足した様子でした。